自動車用焼結部品の世界市場:2022年~2027年

• 英文タイトル:Global Automotive Sintered Parts Market

Global Automotive Sintered Parts Market「自動車用焼結部品の世界市場」(市場規模・動向・予測)調査レポートです。• レポートコード:MRC-SE-21736
• 発行年月:2022年11月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:自動車&輸送
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

自動車用焼結部品の世界市場レポート(Global Automotive Sintered Parts Market)では、セグメント別市場規模、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。

最新の調査によると、自動車用焼結部品の世界市場規模は、2021年のxxx百万ドルから2022年にはxxx百万ドルとなり、2021年から2022年の間にxx%の変化があると推定されています。自動車用焼結部品の世界市場規模は、今後5年間でxx%の年率で成長すると予測されています。

地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどを対象にして、自動車用焼結部品の市場規模を算出しました。

自動車用焼結部品市場は、種類別には、焼結可変バルブ部品、焼結トランスミッション部品、その他に、用途別には、乗用車、商用車に区分してグローバルと主要地域における2017年~2027年の市場規模を調査・予測しました。

当レポートに含まれる主要企業は、Sumitomo Electric Industries (Japan)、GKN (UK)、TVS Group (India)、…などがあり、各企業の自動車用焼結部品販売量、売上、価格、市場シェアなどを分析しました。

【目次】

自動車用焼結部品市場の概要(Global Automotive Sintered Parts Market)

主要企業の動向
– Sumitomo Electric Industries (Japan)社の企業概要・製品概要
– Sumitomo Electric Industries (Japan)社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Sumitomo Electric Industries (Japan)社の事業動向
– GKN (UK)社の企業概要・製品概要
– GKN (UK)社の販売量・売上・価格・市場シェア
– GKN (UK)社の事業動向
– TVS Group (India)社の企業概要・製品概要
– TVS Group (India)社の販売量・売上・価格・市場シェア
– TVS Group (India)社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2022年)

自動車用焼結部品の世界市場(2017年~2027年)
– 種類別区分:焼結可変バルブ部品、焼結トランスミッション部品、その他
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別区分:乗用車、商用車
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

自動車用焼結部品の地域別市場分析

自動車用焼結部品の北米市場(2017年~2027年)
– 自動車用焼結部品の北米市場:種類別
– 自動車用焼結部品の北米市場:用途別
– 自動車用焼結部品のアメリカ市場規模
– 自動車用焼結部品のカナダ市場規模
– 自動車用焼結部品のメキシコ市場規模

自動車用焼結部品のヨーロッパ市場(2017年~2027年)
– 自動車用焼結部品のヨーロッパ市場:種類別
– 自動車用焼結部品のヨーロッパ市場:用途別
– 自動車用焼結部品のドイツ市場規模
– 自動車用焼結部品のイギリス市場規模
– 自動車用焼結部品のフランス市場規模

自動車用焼結部品のアジア市場(2017年~2027年)
– 自動車用焼結部品のアジア市場:種類別
– 自動車用焼結部品のアジア市場:用途別
– 自動車用焼結部品の日本市場規模
– 自動車用焼結部品の中国市場規模
– 自動車用焼結部品のインド市場規模
– 自動車用焼結部品の東南アジア市場規模

自動車用焼結部品の南米市場(2017年~2027年)
– 自動車用焼結部品の南米市場:種類別
– 自動車用焼結部品の南米市場:用途別

自動車用焼結部品の中東・アフリカ市場(2017年~2027年)
– 自動車用焼結部品の中東・アフリカ市場:種類別
– 自動車用焼結部品の中東・アフリカ市場:用途別

自動車用焼結部品の販売チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • 世界のトレイシール機市場
    当資料(Global Tray Sealing Machines Market)は世界のトレイシール機市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のトレイシール機市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:手動、半自動、全自動、用途別:生鮮食品、調理済み食品、加工食品、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資 …
  • マルチアキシャルシミュレーションテーブル(MAST)の世界市場
    マルチアキシャルシミュレーションテーブル(MAST)の世界市場レポート(Global Multi-Axial Simulation Tables (MAST) Market)では、セグメント別市場規模(種類別:電気式シミュレーションテーブル、油圧式シミュレーションテーブル、用途別:自動車産業、実験室、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目 …
  • アルキルグリシジルエーテル(AGE)の世界市場
    アルキルグリシジルエーテル(AGE)の世界市場レポート(Global Alkyl Glycidyl Ether (AGE) Market)では、セグメント別市場規模(種類別:工業用、非工業用、用途別:接着剤・シーラント、鋳造・工具、複合材料、船舶・保護コーティング剤、ポッティング・カプセル化)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分 …
  • 世界の従来型トウモロコシ種子市場
    当資料(Global Conventional Corn Seed Market)は世界の従来型トウモロコシ種子市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の従来型トウモロコシ種子市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:穀物トウモロコシ種子、サイレージトウモロコシ種子、新鮮トウモロコシ種子、用途別:家畜用、人間用、工業用)、主要地域別市場規模 …
  • 流動化剤の世界市場
    流動化剤の世界市場レポート(Global Superplasticizer Market)では、セグメント別市場規模(種類別:SNF、SMF、MLF、PD、その他、用途別:レディミックス、プレキャスト、ショットクリート、セルフコンパクト、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリ …
  • 杜松葉精油の世界市場
    杜松葉精油の世界市場レポート(Global Juniper Leaf Oil Market)では、セグメント別市場規模(種類別:100%杜松葉精油、
  • 世界の窓用形材市場
    当資料(Global Window Profile Market)は世界の窓用形材市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の窓用形材市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:フラットウィンドウプロファイル、スライディングウィンドウプロファイル、その他、用途別:住宅用、商業用)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。 …
  • 産業用PROFIBUS(プロフィバス)の世界市場
    産業用PROFIBUS(プロフィバス)の世界市場レポート(Global Industrial PROFIBUS Market)では、セグメント別市場規模(種類別:PROFIBUS PA、PROFIBUS DP、PROFIdrive(プロフィドライブ)、PROFIsafe(プロフィセーフ)、用途別:電力産業、データセンター、石油・ガス産業、自動車産業、ファクトリーオートメーション(FA))、主要地域 …
  • 前方ソナーの世界市場
    前方ソナーの世界市場レポート(Global Forward Looking Sonar Market)では、セグメント別市場規模(種類別:3Dタイプ、2Dタイプ、用途別:商船、海軍艦艇、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、 …
  • パパイヤ果実エキスの世界市場
    パパイヤ果実エキスの世界市場レポート(Global Papaya Fruit Extracts Market)では、セグメント別市場規模(種類別:オーガニック、無機、用途別:食品、化粧品、医薬品・医療、家庭用化学製品、飼料、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メ …